HOME > トレーニングのご案内

トレーニングのご案内

1.卒後研修センター初期研修医トレーニングコース

初期研修医のための動物を用いた外科手術トレーニング

  場所   先端医療技術トレーニングセンター
  主催   東北大学病院卒後研修センター
東北大学大学院医学系研究科附属動物実験施設

 

平成30年度開催予定日   2018年 6月19日(火)10月9日(火)11月20日(火)
2019年 1月22日(火)2月19日(火)
    ※受付を締め切りました。

 

☆病院別参加実績はこちらからご覧ください。

☆ポスターはこちらからご覧ください。

 

スケジュール

  09:30   開場
参加者受付
事前アンケート記入
  10:00   オリエンテーション
  10:05   講義
実験動物倫理 実験動物福祉
腹部の手術 胸部の手術
  11:10   昼休み(各自で昼食)
  11:45   結紮縫合練習(出張スキルスラボ)
  12:30   動物飼育室前に集合
  12:45   実習
麻酔の導入 気管内挿管 血管確保 縫合手技
第一次手術(グループA・B)
第二次手術(グループA・B)
  16:30   手術終了
Sacrifice 黙とう
後片付け 
振り返り 参加者からの感想・意見
事後アンケート記入
  17:00   閉会

参加者から感想、意見(平成29年度トレーニングより抜粋)

  • 内科希望で外科をローテートもしないので、とても貴重な経験が出来ました。現在救急をローテート中で、糸結びなどの手技があると抵抗があったのですが、明日からは積極的にやろうと思いました。
  • 普段、上の先生がやっている手技をできて、今後に生かしていきたいです。開胸は本当に貴重だったと思いました。動物の倫理を考えるきっかけにもなりました。
  • 2回目の参加でしたが、1回目とは違った細かい点で学ぶことが多かったので大変有意義であったと思います。1回目で教えていただいた中で覚え切れていなかったところも再確認出来ました。
  • 基本的な技術から、胸部・腹部の専門的な技術まで幅広く経験できた。外科になるならないに関係なく、医者として必要な知識・スキルが学べた。
このページの先頭へ

2.艮陵協議会主催手術トレーニングコース

平成30年度開催予定日   産婦人科腹腔鏡下手術トレーニング 未定
消化器外科手術トレーニング 未定

 

艮陵協議会主催手術トレーニングコースの参加者から感想・意見

平成28年度開催 消化器外科手術トレーニング参加者より

  • とても勉強になりました!!基本的な手技は自分の病院では質問がしにくかったりと、なかなか人に聞けないことが多かったので、今回のトレーニングは、かゆいところに手が届くような話をお聞きすることが出来ました。また参加出来ればと思います。
  • 実践経験の無い私にも、一から親切に教えて頂き、多くの経験と知識を持って帰ることが出来そうです。どうもありがとうございました。
  • 消化器外科における基本的な手技を一からしっかり教えて頂き、大変勉強になりました。また、自分で希望した胆嚢摘出術まで行わせて頂き、非常に有意義な講習会でした。ありがとうございました。

 

平成28年度開催 東北大学産婦人科腹腔鏡下手術トレーニング参加者より

  • 普段の子宮全摘では行わない、周辺の構造を丁寧に剥離することで確認出来たことはとても興味深かったです。後腹膜アプローチでは、いつもと違う角度で臓器や血管走行がみれて今後の診療に役立てたいと思います。
  • 普段出来ない縫合・切開・リンパ節へのアプローチが出来てモチベーションが上がりました。講師の方々へ根気強く御指導していただき、とても感謝しております。ありがとうございました。
  • 事前学習(とくに解剖)をしっかりすればよかったと思った。
  • 丁寧な指導を受けながら、縫合や剥離操作をたくさん経験できた。ぜひまた参加したいです。
このページの先頭へ

3.ATOM

平成30年度開催予定日   日本ATOM東北大学コース   未定
このページの先頭へ
Copyright (c) 2012 Tohoku University School of Medicine All Rights Reserved.