HOME > トレーニングのご案内

トレーニングのご案内

1.卒後研修センター初期研修医トレーニングコース

初期研修医のための動物を用いた外科手術トレーニング

  場所   先端医療技術トレーニングセンター
  主催   東北大学病院卒後研修センター
東北大学大学院医学系研究科附属動物実験施設

 

令和元年度開催予定日   2019年 9月17日(火)10月15日(火)11月19日(火)
2020年 1月21日(火)、2月18日(火)
    ※受付を締め切りました。

 

☆病院別参加実績はこちらからご覧ください。

☆ポスターはこちらからご覧ください。

 

スケジュール

  09:30   開場
参加者受付
縫合手技実習
  10:00   オリエンテーション
  10:05   講義
実験動物倫理 実験動物福祉
腹部の手術 胸部の手術
  11:10   昼休み(各自で昼食)
  11:45   結紮縫合練習(出張スキルスラボ)
  12:30   動物飼育室前に集合
  12:45   実習
麻酔の導入 気管内挿管 血管確保 縫合手技
第一次手術(グループA・B)
第二次手術(グループA・B)
  16:30   手術終了
Sacrifice 黙とう
後片付け 
振り返り 参加者からの感想・意見
縫合手技実習
  17:00   閉会

参加者からの感想、意見(平成30年度トレーニングより抜粋)

  • 豚一体を使ったWet-Laboは滅多に出来ないのでまた参加したいと思う。
  • これまでの学生実習や普段の研修では経験できない、腸管吻合や血管処理を執刀医として経験できてよかった。
  • 実際の腸管を吻合したり血管を処理することができる機会など滅多になく、執刀医の目線で術野を眺めるのは新鮮であっただけでなく、かけがえのない体験となった。
  • 経験できてよかった手技:皮膚創の縫合、腸管吻合、脾摘、気管切開、胸腔ドレーン挿入、血管結紮、閉腹など
  • 今回触れることのできなかった臓器へのアプローチや、今回行った手技をより丁寧に出血・損傷少なく実臨床に即したレベルに近づけていけるようなトレーニングがあったら良いと思う。
  • 実際の臨床現場においてはこのように丁寧にひとつひとつご教示いただける場は少ないが、周りも初期研修医ということもあり緊張することなく実習を進められた。
このページの先頭へ
Copyright (c) 2012 Tohoku University School of Medicine All Rights Reserved.